So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

あなたの人生を劇的に変える、イチローの名言10選

仕事がうまくいかない、人生が充実しない、現状をなんとか変えたい…。様々な悩みを持っている方は多いのではないでしょうか。

そんな方たちに紹介したいのが、世界のヒーロー、イチローの名言です。

イチローはなぜ超一流なのか。そのエッセンスを、彼の名言10選から吸収してみましょう。






Sponsored Link






1. 常に成長し続ける思考を持つ



僕なんて、まだできてないことの方が多いですよ。でも、できなくて良いんです。だって、できちゃったら終わっちゃいますからね。できないから、良いんですよ

イチローは、「完璧な自分なんて、まったく面白くない」と語ったことがあるようです。

彼のように未完成な自分を楽しみ、常に今の自分を超えようとする過程で、あなたもイチローのようなとてつもない可能性を秘めたもうひとりの自分に出会う事ができるかもしれません。





2. 小さな達成感を快感にする



たった1本の内安打でも観客は僕を称えてくれているのです。そういう観客の姿を見ると、やっぱりやる気が出てきますよ

イチローは数々の伝説を残した偉大な打者になってからも、「1本のヒットを打つことがどんなに嬉しいか。それはひと言では言い尽くせない」と語っています。

たとえ日々の地味なルーティンワークでも、それらを果たす事による小さな達成感を積み重ねることで、その先にある大きな達成感を感じられる日があなたにも来るはずです。



3. 比較するべき対象は、自分ひとり



比較するのは、あくまでも自分です。もちろん他人の記録も尊いと思いますけど、まずは自分の能力を競わないと…

人間はすぐに他人と自分を比較しようとします。しかし、イチローによると、最も意識を集中すべきなのは、他人ではなく自分だというのです。

イチローは、プロ入りの時点ではドラフト4位の普通の選手でした。しかし、今では誰もが認めるメジャー殿堂入りレベルの選手です。

イチローのすごさは、〝最高の自分″を追い求める飽くなき執着心にあるのであはないでしょうか。他人と比較することを捨てたからこそ、その境地に至れたのでしょう。

他人への執着を捨て、自分自身と戦いましょう。




4. 好きなことをやることで人は変われる



好きなことをやろう。それがまだ見つかっていないなら、それが見つかるまで探そう。きっと見つかる。そうすれば、その瞬間から、人は変われると思う

「好きこそものの上手になれ」という言葉があるように、好きなことに取り組むときはモチベーションが上がり、好きだからこそ創意工夫を重ねるので、作業の効率も上がります。

イチローが言うように、自分の好きな道に足を踏み入れた瞬間、それは自分が変わることを意味しているのでしょう。

あとは、私たち自身がその道へ踏み込む勇気を出せるかどうかですね。



5. 自分で決めたことを、やりきる



自分でやること、やろうと決めたことに対しては、手抜きしないことです。そこで手抜きをしていたら、たぶんそっぽ向かれると思いますよ。お前、自分が決めたこともやれないのか、というふうに思われちゃうでしょうからね

高校時代、イチローは「やらされる練習」が嫌で嫌でたまらなかったといいます。ただし、彼はそんな「指示された練習」に、自分なりに打ち込む工夫をしました。それは「嫌なことをやり抜けるのも、ひとつの才能」と割り切ったところです。

どうせやらなければいけない仕事なら、イチローのように、そのなかに新しい価値観を見出して、全力でやりきりたいですね。






Sponsored Link






6. ピンチの時こそ、最高の精神状態に



4タコ(4打席ノーヒット)でまわってきた5打席目を心から喜べることですね

イチローの思考パターンは、並の人間とは明らかに違います。うまくいかないときほど、集中力をより研ぎ澄まして、冷静になれるのです。

一方、多くの人は、ピンチの時に我を忘れてしまい、事態をますます悪化させてしまいます。

結果は自分でコントロールできません。ただし、結果が出るまでの姿勢は100%自分でコントロールできます。結果がどうであれ、やるべきことに最高の心理状態で臨む工夫をすることに集中しましょう。



7. ピンチこそ大チャンス



究極の上の人も、究極の下の人も、なりふり構わないで、自分の行きたい道を進むことができます

この言葉でイチローは「最高潮の人か、どん底まで追い詰められた人しか進化できない」と言いたいようです。

また、イチローは「スランプこそ絶好調」と言い放ちます。

追い込まれた時に人間は初めて「火事場の馬鹿力」を発揮でき、それは新しい自分を発見できるチャンスでもあります。

現状を変えたい人は、徹底的に自分を追い込んでみてはいかがでしょうか。



8. 自分が納得した生き方をする



第3者の評価を意識した生き方はしたくない。自分が納得した生き方をしたい

他人からの評価は気にせず、とことんまで自分自身と向き合っているイチローならではの名言です。

たとえ自分自身の決断や生き方に対して批判があったとしても、その自分の生き方、信念を貫き通すことが大事だということをイチローは伝えているのでしょう。

自分の人生に納得するかどうかは、自分自身が決めるのですから。



9. 準備が全て



要するに〝準備″というのは、言い訳の材料となり得るものを排除していく、そのために考え得るすべてのことをこなしていく、ということなんですね

イチローほど本番前の準備の大切さを自覚している日本人は珍しいでしょう。彼は自分にできる全ての準備をやりきって、本番に臨むのです。

彼にとっては、練習が「主」で、本番が「従」なのです。

これからは、あなたもイチローのように、「練習のために本番が存在する」という逆転の発想を取り入れてみてはいかがでしょうか。








10. 誰かのために頑張ること



—WBC優勝時のことを振り返って—
王監督の胴上げが終わってまもなくしたら、仰木さんのことを考えていました

何か大きなことを成し遂げたとき、イチローの脳裏には、自分を育ててくれた今は亡き、オリックス時代の恩師・仰木監督のことが必ず浮かび上がってくるといいます。

自分のために頑張るだけでは、限界があります。しかし、他者のために頑張るときは、自分でも想像できなかった力を発揮できます。

自分を支えてくれた人に感謝の気持ちを持ちながら、その人たちのために頑張れる自分になりたいですね。




さいごに



いかがだったでしょうか。

イチローが偉大な選手になった理由は、決して偶然などではなく、彼の一流の哲学に基づいて、常に努力し続けたからという事が明確になったのではないでしょうか。

私たちもイチローの哲学を身につけ、それぞれの分野で殿堂入りできる存在になりたいですね。





Sponsored Link





コメント(0) 
前の1件 | -