So-net無料ブログ作成

菅野完の経歴が怪しい! 椿原泰夫と鈴木その子とも関係が?

籠池理事長と森友学園に関して連日報道されていますが、ここにきて菅野完という謎のジャーナリストに関しても注目が集まっています。

そしてその菅野完氏の経歴が怪しすぎると話題に!

なんでも、稲田朋美防衛相の父親である椿原泰夫氏と、料理研究家の鈴木その子さんと関係があるというのです。

そんな菅野完氏の経歴を探ってみたいと思います。






Sponsored Link






菅野完の経歴



まずはネット上に散りばめられている菅野完氏の簡単なプロフィールを紹介したいと思います。

菅野完氏は1974年生まれの現在42歳。

奈良県天理市出身で、明星学園高等学校を卒業し、アメリカの名門・テキサス大学オースティン校に入学されてますね。

帰国後には様々な職を経験しながら、最後はサラリーマンとして落ち着きます。

そして2007年にTwitterアカウントを開設して、保守主義的な考え方を発信していきます。

2013年に発行した処女作「日本会議の研究」は15万部以上の大ヒットとなり、それ以降はジャーナリストとして発信力を強めているそうです。






Sponsored Link







菅野完は椿原泰夫と鈴木その子とも関係が!?



現在、森友学園問題に関して稲田朋美防衛相が追求されていますが、菅野完氏は稲田朋美防衛相の父親である椿原泰夫氏に対して言及しています。

なんと、この椿原泰夫氏が森友学園・瑞穂の國小学校の設立に関わっているという発言をしたのです。

さらに、椿原泰夫氏は関西保守系で名の知れた人物であり、百人の会や在特会、大阪維新の党とも関係が深く、そのおかげで今の稲田朋美防衛相があるということまで言っています。

これが本当なら、稲田朋美防衛相と森友学園の関係は「黒」ということになりそうですが、菅野完氏の発言となると、かなり怪しさが増します。

というのも、菅野完氏は著書「日本会議の研究」で自身のプロフィールを掲載しているのですが、これがまたびっくり仰天な内容なのです。

それがこちら↓

鈴木寛次(1972年〜)

奈良県出身のテロリスト。活動では「家入保」と名乗ることも。

京大パルチザンを経て革共同系マルクス主義同志会「日本のこえ」所属。

曽祖父鈴木貫太郎と母鈴木その子が残した遺産を元に洗車業を始めるが失敗。その後、右翼活動に転向。 現在、潜伏中。


え〜と…、鈴木貫太郎という人物は日本の海軍軍人、政治家。階級は海軍大将従一位勲一等功三級男爵ということですが、この時点で怪しさマックス。

しまいには、菅野完の母親があの料理研究家の鈴木その子とまで言ってしまっています。

もちろん、どこにもそんな情報はありませんし、明らかな嘘だとわかりますね。

自身が女性問題を起こした「しばき隊」での活動には一切触れていないことからも、経歴の信憑性が疑われます。

ネタで書いているのかどうかは分かりませんが、こうなると彼の発言の一つ一つに疑問を抱かざるを得ません。

これからさらに報道が過熱していくことが予想されますが、追加の情報を待ちたいと思います。




※関連記事
籠池泰典のプロフィール!生まれはどこ?ロータリークラブにも所属

籠池泰典の経歴(Wikipedia)と卒業大学などを調査!

籠池泰典の息子長男の大学と仕事は?絶縁という噂は嘘だったのか

籠池諄子の国籍は韓国?通名はなぜ使うのか!衝撃の理由とは

菅野完が森友学園の説明会で音声入手!スパイの正体とは?






Sponsored Link





コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。