So-net無料ブログ作成
検索選択

黒澤浩樹の武勇伝!子育て本を出版し、実家は裕福!?トレーニング法もすごすぎる!

聖心館空手道館長の黒澤浩樹さんは極真空手に入門し、全日本選手権で優勝しており、異種格闘技でも活躍されたことがあるという凄い経歴をお持ちの方です。

さらにそれ以外にも数々の武勇伝をお持ちで、子育て本も出版しているとか。

さらにさらに、実家は裕福だという噂ですし、彼のトレーニング方法も凄すぎると話題になっています。

かなり多方面に色々な話題が散りばめられている黒澤浩樹さん。

それらの情報について、探っていきたいと思います。






Sponsored Link






黒澤浩樹の武勇伝!



さて、まずは黒澤浩樹さんの武勇伝についてまとめてみましょう。

黒澤浩樹の武勇伝まとめ

■硬派な大学の応援団、空手部、日本拳法の先輩などをシメていた。
■平成3年6月に行われた全日本ウェイト制選手権で、試合中に薬指の骨が露出するほどの開放骨折をしていたが、ドクターストップされるまで戦い続けた。
■暴走族をボコボコにシメた

こ、これは…やんちゃというか、あまりの強さに暴走が効かない感じが伝わってきます。

THE・不良の頂点みたいなすごい武勇伝ですね。




黒澤浩樹は子育て本も出していた!?



ものすごく怖い武勇伝をお持ちの黒澤浩樹さんですが、なんと2013年に子育てに関する本を出版しているようです。

その本は『「自分で考えて行動できる子」に育てる本―もうイライラしない! 』というタイトルで、「もうイライラしない!」という部分に、黒澤さんの過去と繋がってくる印象が持てますね笑

内容は、「父親的役割によって、子供に多くの経験をさせて、成長を引き出す」というものです。

アマゾンも高評価が非常に多く、万人が納得できるような子育て理論もお持ちのようです。

文武両道ですね!






Sponsored Link






黒澤浩樹の実家は裕福!?



さて、武道でも活躍し、執筆でも著書を残している黒澤浩樹さんですが、なんと実家は裕福だという噂が流れています。

その根拠として、黒澤さんは幼少期にバイオリンを習っていたことから端を発しています。

彼の幼少期ということは、今から40年以上も前になりますので、その当時にバイオリンを持てるというのは、相当裕福な家庭である証拠。

やはり、この実家に関する噂は信憑性が高いようです。




黒澤浩樹のトレーニング法が激ヤバ!?



最後はやはり武道に関する内容で締めましょう。

黒澤浩樹さんのトレーニング方法がすごいと話題になっています。

大学時代、数ある硬派な部活の先輩を締めていた黒澤さんですが、その源にはやはり彼の底しれぬパワーが関係していたようです。

なんと黒澤さんは全盛期にベンチプレス200kg、スクワット350kgを記録していたそうです!

彼は徹底的に筋肉へ負荷をかけるトレーニングで、その超人的な怪力を手にしていたようです。

大会中に骨折していた過去を考えると、彼の身体自体がそのパワーに耐えきれていなかったようです。

以上、凄すぎる黒澤浩樹さんについてでした!






Sponsored Link





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。